MOONRISE

ごく普通の一般庶民ののらりくらりと生きる日々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去の芝居もんが放送してました。
『リョーマ・クレイジー』っていう話。
多分後藤さんが出てるから(爆)過去にも見たんだとは思うけど、録画してなかったんで、それしつつ見てましたが…。

ヤバい。ライセンス(・∀・)イイ!
演技上手いなぁ、格好いいなぁ。最高だなぁ。笑
リョーマとは坂本竜馬の事なんだけど、彼を演じる井本さんがとてもいいです。最後の竜馬の表情が何とも言えずジーンときました。
あ、そういえばもうライセンスじゃないんよね。
ニュースで見ただけで詳細はよくわからないけど、どうやらあの人の道楽に付き合わされたような流れっぽい?ちゅーとはんぱやなぁ。の人と同じだよね?
知っててやったのかな?それとも忘れてたのかな。
いずれにしろこれからややこしいことになりそうですね^^;

話を戻して…。
演技が皆さんすごく上手くて、しかも舞台の使い方がなんか上手く感じました。目潰し痛かったけど。爆破
沖田さんは劇団の方かな?
ストーリーが分かりやすいんですよね。
だからと言って単調でもないし、何回でも見れるっていう感じ。
竜馬を軸にした、ちょっと切ない感じの話しなんだけど、今時の若者をごくごく普通に演じられてた後藤さんと藤原さんもすごくよかったです。

以下ストーリー。思いっきりネタバレ。

タイムマシーンを使って過去へ行ってみるという若者2人の行動から始まった話。
行き着いた先は、京都の近江屋。1867年11月15日。まさに竜馬が暗殺されようとする場面。
そこで歴史上死ぬはずだった竜馬を2人が助けたことによってその後の歴史が変わってしまい、自分達が現代において存在しない人間になってしまった。
タイムマシーンのバッテリーが切れるまであと数時間。そしたら現代に強制的に戻される仕組みになっている。しかし戻された先に自分達が生きる世界が竜馬を助けたことにより、なくなってしまっている。
バッテリーが切れたとき、それは自分達の存在自体が消えるときだった。
とんでもないことをしてしまったと気付き、そして数時間後の自分達の運命を知った時、死にたくないと思う若者2人は自分達が助けた竜馬を自らの手で殺して歴史を元に戻そうとする。

ここまでで6割か7割くらい。




毎日が生きるか死ぬかの世界に生きる竜馬にとってここで死ぬわけにはいかないと啖呵を切るシーン、竜馬に斬られたあとの藤原さんの長台詞と、さっきも書いたけど、最後のフリーダムの世界をみる竜馬の表情にジーンと来た。

最近うれしいことにライをテレビで見る機会が増えてきたのでこれを期に今後も注目してみようかな。
っていうか、新しいコンビ名は呼びなれないなぁ^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://crescent77.blog28.fc2.com/tb.php/166-8d3ceb0d

忍


○ごく一般の社会人。
ちょっと細かいプロフィール
プラン9狂に99の質問
FF好きさんに100の質問

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

banner_04.gif

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。